売却するなら少しでも高く

結婚生活は長く続かないものですね。

結婚して10年になる姉が離婚をしました。

離婚の原因は性格の不一致というごく普通の理由です。

何度も修復を試みたそうですが、駄目だったようです。

結婚してすぐに購入したマンションは売却することにしたそうです。

思い出の詰まったマンションなので売却するのは迷ったそうですが、離婚してから住み続けるよりも心機一転再スタートしたいと思ったそうですよ。

マンションの売却は車と違って金額も大きいので、色々と調べたみたいです。

車でも一括査定サイトがあるように、マンションにも一括査定サイトがあるようです。

一番高く査定してくれたところに売却できるので、損せずに売ることができます。

せっかく購入したマンションなので少しでも高く売りたいですよね。

離婚を間近で見ていると結婚したくなくなりますが、子供はほしいのでいつかは結婚するんだろうな。

結婚せずにシングルマザーとして歩むのも悪くはないけど、子供がかわいそうかな…。

マンション査定と売却におすすめのサイト

結婚前にはやっておいたほうがいい

昔は結婚前に同棲なんてけしからん!という感じだったが、最近では結婚前に同棲しているカップルも多くいます。

結婚前に同棲することで相手の本性を知ることができます。

ただ付き合っているだけでは、生活部分が見えないため結婚後に発覚する事実も多々あります。

しかし同棲しておけばある程度のことはわかるので、結婚をやめることもできます。

結婚してから嫌になり離婚するとなると大変なことです。

親が許してくれなくて同棲できない!というのであれば、結婚前調査をしてみるのはどうでしょうか。

生活の細かなところはわかりませんが、借金しているかや浮気など隠している部分が見つかるかもしれません。

生活の嫌な部分よりも結婚後に借金や浮気が発覚したら精神的負担は大きいですからね。

結婚前に分かることは調べておいた方が無難です。

誰しも離婚するはずないと思って結婚しますからね。

しかし離婚する夫婦は増えているみたいですよ。

女性の社会進出も関係しているのかな?

結婚調査の聞き込み手法

50代女性でも不倫するのか

普段は家で飲むことが多いのですが、仕事で嫌なことがあり一人で飲みに行ったんです。

そこで知り合った50代ぐらいの女性。

隣で一人で飲んでいたので、なんとなく会話したのがきっかけでした。

そこからなぜかお悩み相談に発展したんです。

その女性はパート先の男性社員と不倫しているそうです。

その男性のために離婚したいと思っているらしいが、夫が交通事故に遭い入院したそうです。

障害が残る可能性が高く離婚話を切り出せないまま三ヶ月が過ぎたそうです。

夫には不倫のことはバレていないみたいですが、バレるのも時間の問題かもしれないと言っていました。

障害が残る夫を一人にしておくこともできないし、だからといって不倫相手とも別れることができないそうです。

どうしたらいいのか悩んでいるとか。

私はなんてアドバイスしたらよかったのでしょう。

なにも言葉が思いつきませんでした。

もし探偵とかに依頼して証拠つかまれたら慰謝料請求されますよ!としか言えなかった。

さいたま市のおすすめ興信所

今度こそ痩せてやる

ダイエット番組を観るとついダイエットしたくなります。

私もあんな風に痩せて輝きたい!そう思うんですよね。

しかし実際にはそんなに簡単なものではありません。

特につらいのは最初の3日間です。

慣れるまでは地獄のように感じます。

そして停滞期もつらいです。

一生懸命頑張っているのに体重が減らなくなると心が折れてしまうんですよね。

しかし、それを乗り越えれば一気に体重が減ります。

そんなのわかっているんです。

でも乗り越えれないんですよ。

私は停滞期で何度も挫折してきました。

停滞期ってわかっていてもメンタルがもたないんですよね。

そんなダイエット挫折経験者がまたダイエット始めます。

今度はミドリムシを使ったダイエットです。

私は食事制限や運動でダイエットしてきたので、サプリは使ったことありません。

しかし今度は使ってみようと思ったんです。

それだけで痩せるとは思いませんが、サポートしてくれると思っています。

サプリと一緒に運動すれば最強でしょう。

私はこのサイトからサプリを購入しました。

ユーグレナ・サプリおすすめランキング

探してくれる番組

昔はテレビ番組で人探しってしてましたよね?

小学生の頃に見ていたので記憶が定かではありませんが、あれって番組スタッフが探していたのかな?

それとも探偵が協力していたんですかね?

徳光さんとか紳助さんとか依頼人が再会したときに泣いていましたよね。

とても印象に残っています。

しかし徳光さんは収録が終わると切り替えて競馬に行くってテレビで暴露されていました。

あの頃は徳光さんって優しいな…と思って見ていたんですけどね(笑)

もしテレビではなく、一般人が家出人捜索をお願いするならやはり探偵でしょうね。

費用はもちろんそれなりにかかると思います。

しかし亡くなっていない限りほぼ見つけてくれるでしょうね。

家出人探しのプロですから。

どうしても見つからない…という場合は、探偵にお願いした方がスムーズに解決すると思いますよ。

自分で探すのは時間かかりますし、効率悪いですから。

近所で犬探しを手伝ったことありますが、なかなか見つかりませんでした。

犬と人は違うかもしれませんが、探し出すのって難しいです。

交通事故保険金の知識

長い人生の中では交通事故に遭う可能性もあります。

多分、一生遭わない人の方が多いのでしょうが、運が悪いことだってあります。

交通事故の保険金のことを知っておかないと、えらい損をするかもしれません。

後遺障害などを負ってしまった場合、残りの人生での収入は大きく減少します。

保険金をしっかり取っておかないと、大きな収入を得る別の機会は二度と訪れないかもしれません。

入通院する身になってからでは体がつらくて勉強も無理です。

事故に遭う前に概要だけは知っておきましょう。

まず、保険金は傷害保険金、後遺障害保険金、死亡保険金と大きく3つに分かれています。

受取パターンは次の3つ。

  • 「傷害保険金のみ」(全快した場合)
  • 「傷害保険金+後遺障害保険金」
  • 「傷害保険金+死亡保険金」(遺族が受け取る)

傷害保険金には、治療費、休業損害、傷害慰謝料が含まれます。

後遺障害保険金には後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益が、死亡保険金には死亡慰謝料、死亡逸失利益、葬儀代が含まれます。

細かい費目のそれぞれに相場やルールがあります。

よく慰謝料、慰謝料と言って、保険金全体のことを慰謝料というと思っている人がいますが、慰謝料は全体の一部にすぎません。

そんなアバウトな理解では保険屋にごまかされるもとです。

できるだけしっかりした自動車事故保険金の知識を持ちましょう。

任意整理の知識

長い人生の間には借金で行き詰まることもある。

健康なうちに生活習慣病について学ぶことが予防につながるように、負債がないうちに債務整理について学ぶのは有用であると考える。

絶体絶命のピンチに追い込まれても、借りてはいけない相手から借りたり、早まったことをすることはなくなるだろう。

債務整理は借金が返せなくなった人を救済する仕組みだ。

債務者は一定の犠牲を払うことによって、負債の一部または全部を免除される。

任意整理は債務整理の中でも最も犠牲が少なくて済むやり方だ。

利子を免除して元金だけの返済なら3年で返しきれる程度の負債に向く。

返済期間は場合によっては5年までなら認めてもらえることもある。

だから5年で元金を返しきることが可能なら、より犠牲の大きい自己破産を選ぶ前に、任意整理ができないかトライすべきなのだ。

自己破産は債権者を平等に扱わないといけないが、任意整理は自由なのが魅力だ。

住宅ローンは普通に返済を続けるが、サラ金は利子を負けてもらうというようなことができる。

ただし、これは相手が応じてくれれば、という条件つきだ。

相手の「任意」であって、強制力はない。

「これを拒否したところで全額返済する能力はない。むしろ拒否すれば、相手は自己破産などに陥って全額焦げ付く可能性がある。応じた方が得策だ。」

そう判断した時、相手は任意で債務の削減に応じてくれるのである。

任意整理の交渉を自分でやるのは、法的には可能でも、現実には相手は応じない。

経験豊富で腕のいい弁護士に任せることだ。

交通事故保険金は弁護士基準で

交通事故に遭ったら、相手から保険金をもらえます。

(運悪く相手が任意保険未加入だったら、補償してもらうのはかなり難しいです。任意保険にも入ってない人が資産を持っている可能性は低いですから。)

しかし、その金額水準に複数の基準があって、何も知らないとお安く済まされてしまうことは知っていますか?

今日はこのことをご紹介しましょう。

まず、自動車保険は自賠責保険と任意保険の2階建てになっています。

自賠責は国の制度(窓口業務は民間に委託されていますが)で、その趣旨はできるだけ多くの事故に最低限の補償をすることです。

自賠責ではどんな被害にいくら払うか、基準が明確に定められており、これを「自賠責基準」といいます。

一方、裁判になってしまった場合も、どんな被害でいくらぐらい請求できるものか、過去の判例に基づく基準ができています。

これを「裁判所基準」とか「弁護士基準」といいます。

示談でもめて裁判まで行った場合は、ちゃんと保険金の相場があることになります。

さて、問題は最初の示談の段階です。

誰がどんな基準に基づいて損害賠償額の提案をするのでしょう?

被害者ができればいいですが、入通院している身で保険や法律をにわか勉強して妥当な請求額を決めるなんて無理です。

だから金額提案は加害者側の任意保険会社がします。

なんと支払い手が自分の支払い額を提案するのです。

それだと安く済まそうとするのは当たり前ですね。

保険屋は各社ごとに「自賠責基準」に少しだけ上乗せした支払い基準を持っています。

これを「任意保険基準」といいます。

何も知らない被害者は「任意保険基準」で納得して示談書にサインしそうになります。

しかし、ここでもし弁護士に頼めば、「弁護士基準」で交渉してくれて、保険金が何倍も変わるというわけです。

最初から交通事故損害賠償は弁護士基準で行いたいものです。

探偵社と興信所

時々聞くと思うんですが、探偵社と興信所の違いって知ってますか?

興信所はもともとは企業の信用調査をする機関です。

明治25年に大阪に商業興信所が作られたのが日本初で、その後東京に東京興信所が作られ、昭和19年に2つが統合されて東亜興信所になりました。

以上は大銀行がバックについた政府色の強い組織でした。

民間で初の興信所は明治33年に作られた帝国興信所です。

日露戦争後の企業設立ブームに乗って急成長し、帝国興信所は日本最大の興信所となりました。

やがて、興信所は浮気調査や人探しなど、個人向け調査サービスに手を広げていきました。

戦後の混乱期には、興信所はますます雑多な仕事を引き受けるようになりました。

一方、日本最古の探偵社は明治28年に作られた岩井三郎事務所です。

この人は元警察官で、現役時代はスパイの摘発をしていた人物です。

戦後は興信所と探偵社の仕事は重なる部分が多くなっていきました。

そして1981年、帝国興信所は帝国データバンクと社名変更して、企業の信用調査一本に絞り、個人向け調査から撤退します。

そこから時代が進むと、企業の信用調査機関を興信所と呼ぶことが減ってきました。

今日では探偵社も興信所も、浮気調査や人探し、身元調査などをする会社を指す言葉で、特に区別はなくなっています。

また、興信所という言葉がだんだん使われなくなっている気がしますね。

探偵・興信所の業界事情については、下記のサイトに詳しく出ています。

探偵社と興信所

探偵調査の相場

探偵のお世話になることなんて一生に一度あるかないかだけど、必要な時は本当に必要になります。

だから、少しは知っておいた方が、いざという時に困らないかも。

で、探偵にはどんなことを頼めるのか?

それはあなたのお父さんが謎の組織に殺されて、警察も犯人を見つけられない時。

というのは嘘で、現実の探偵は刑事事件なんか扱いません。

1にも2にも浮気調査、それから家出人などの人探し、あとは結婚身元調査、素行調査、盗聴器発見などなど。

彼らを雇うとどれくらいかかるのか?

これが結構高いです。

1日10万円を下ることはないと思ってください。

しかも、彼らはチーム尾行といって複数名で尾行するし、相手の警戒度が高い時は人数や車の台数も増やす必要があります。

だから、総額は結構な額になることが多いです。

もちろん日数にもよりますが。

それでもやはり、人生の重大問題に答えを出す調査だから人はお金を払うのでしょう。

  • この人と生きていくのか、別れるのか?
  • 家出した家族は生きて帰ってくるのか、来ないのか?

でたらめに安い会社は技術が不安ですが、低価格で調査力のある探偵事務所もあります。

そういうのも知っておくと、予算がない時は役立ちますよ。